予防歯科でいつまでも健康な歯と歯茎

>

健康な歯と歯茎の為にできる事

虫歯の原因

虫歯はなりにくい人・なりやすい人がいます。虫歯菌により違います。最も悪いミュータンス菌ですが虫歯の原因菌はこればかりではありません。ミュータンス菌は生後10か月から36か月口移し・共有食器から感染します。ミュータンス菌などが集まり形成された膜をバイオフィルムと言います。
歯の表面に付着した歯垢にミュータンス菌が絡みつき糖分を養分として酸を出します。酸が歯のエナメル質を溶かして穴を空けると虫歯になります。歯垢を作りやすい飲食物・ミュータンス菌量・少ない唾液が虫歯になりやすい環境を作ってしまいます。食事をしたら歯磨きをしましょうとはこうした理由です。
お口の中を清潔にしていつまでもご自身の歯で食事ができると楽しい食事になります。

歯周病の原因

ブラッシング不足・過度な糖分摂取により細菌が歯の表面に着くのが歯垢・プラークです。
歯垢で歯茎が腫れて出血したり、歯を支える骨を溶かして最悪歯が抜け落ちてしまいます。歯垢が硬くなったのが歯石です。よく、歯石を歯医者で取ってもらったと聞きますね。専用の器具で取ってもらいます。歯石を放置していると虫歯になります。歯周病はブラッシング不足・過度な糖分摂取・ストレス・歯ぎしり・くいしばり・喫煙・不規則な食生活からも原因とされています。
疲れていると歯茎が腫れて出血してる時ありますよね。歯と歯茎の隙間に汚れ・細菌が溜まっているからです。ブラッシングは忙しい時間帯、夜遅くなるとつい面倒でいい加減に済ませてしまう時があります。ちょっとした心がけで歯周病を防げます。